産経ニュース

【片桐実央のゆる起業のススメ】不動産物件の探し方

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【片桐実央のゆる起業のススメ】
不動産物件の探し方

 条件に合う物件を紹介されたら、その中からいくつか選んで、実際に足を運んで内見します。「これだ!」というところが見つかったら、早めに申し込みをしましょう。その後、申し込み内容を基に、オーナーと細かな条件の交渉に入ります。起業したてのときは、まだ会社としての信用が低いので、オーナーの審査を通過するためにも、この物件で自社が何をするのかが分かる事業計画書を提出するのもお勧めです。条件の折り合いがついたら、賃貸借契約書の条文を決め、正式に契約を結びます。

 また、敷金や内装工事などの費用を金融機関から借りる予定の方は、物件を1つに絞り、「ここを借りる」と決めたタイミングで融資申請を始められます。つまり、正式に賃貸借契約を締結した後ではなく、借りる物件を金融機関に伝えられるようになった時点で申請可能になります。

                  □

 女性は条件に合う物件を見つけるまで、10件近く内見を重ねました。時間はかかりましたが、その地域をたくさん歩いて、街の雰囲気や様子を詳しく知ることができ、自信を持って料理教室をオープンすることができました。《銀座セカンドライフ(ginzasecondlife.co.jp)》

関連ニュース

「ライフ」のランキング