産経ニュース

食品製造工程の衛生計画作成へ 国際基準義務化で厚労省

ライフ ライフ

記事詳細

更新


食品製造工程の衛生計画作成へ 国際基準義務化で厚労省

 厚生労働省は20日、食品衛生管理の手続きを定めた国際基準「HACCP(ハサップ)」の手続き順守を国内の食品事業者に義務付けるため、平成30年度にも食品衛生法などの関連法を改正する方針を示した。各事業者が、製造から加工、出荷の各工程での安全確認などについて、国際基準に従って「衛生管理計画」を作成し、実施する案を取りまとめた。

 一方、小規模事業者については費用や人材確保の負担への配慮から、国際基準に準じた弾力的な運用を認める案も提示。今後、一般からの意見公募を経て年内に最終報告書をまとめる。

 HACCPは、食品の製造工程を監視する制度で「危害要因分析」「管理基準の設定」など7項目の原則を規定。例えば、加熱による殺菌温度や時間に関するルールを守っているか測定したり、金属探知機で異物が混入していないか調べたりするよう定めている。

関連ニュース

食品大手ネスレが“脳トレ”ビジネス本格化 認知症対策など

「ライフ」のランキング