産経ニュース

就活スケジュールの早期決定を評価 加藤勝信1億総活躍担当相

ライフ ライフ

記事詳細

更新


就活スケジュールの早期決定を評価 加藤勝信1億総活躍担当相

 加藤勝信1億総活躍担当相は13日午前の記者会見で、経団連が平成30年春卒業の学生の就職活動日程を変更しないと決めたことについて「早い時期にスケジュールが示された方がいい。こうした対応は望ましい」と早期の決定を評価し、「学業に十分配慮して就職活動が行われるよう、対応を期待したい」と述べた。

 経団連は就活の日程を2年連続で変更していたが、30年春に卒業する学生(現在の大学3年生)については29年卒と同様に、企業が会社説明会などを始める時期を3年生の3月から、面接の解禁は4年生の6月から、内定は10月からとすることを決めた。

「ライフ」のランキング