産経ニュース

「品川新駅」は和をイメージ JR東、概要発表

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「品川新駅」は和をイメージ JR東、概要発表

JR山手線の品川-田町間に整備する新駅内部のイメージ図。広大な吹き抜け空間とガラス張りの壁面が街と駅全体の一体感を演出(JR東日本提供) JR山手線の品川-田町間に整備する新駅内部のイメージ図。広大な吹き抜け空間とガラス張りの壁面が街と駅全体の一体感を演出(JR東日本提供)

 JR東日本は6日、山手線と京浜東北線の品川-田町間に、平成32年春に開業を予定している「品川新駅」(仮称)の概要を発表した。「和」をイメージした素材やデザインを使い、壁面をガラス張りにする。

 新駅は田町駅から約1・3キロ、品川駅から約0・9キロの品川車両基地の跡地内に整備。新国立競技場の設計を手掛けた建築家の隈研吾氏のデザインで、折り紙をモチーフにした屋根や木製の柱を採用。「伝統美を近代建築とマッチさせた」(JR東日本)という。

 地上3階、地下1階で、1階ホームの中央部を吹き抜けにして2階の改札や約300平方メートルのイベントスペース、3階の店舗部分をつなぐ。ガラスの壁面により、街と駅の双方から互いが見渡せる構造にした。

 冨田哲郎社長は記者会見で「駅と街が融合する新たなスタイルを作っていきたい」と語った。

このニュースの写真

  • 「品川新駅」は和をイメージ JR東、概要発表
  • 「品川新駅」は和をイメージ JR東、概要発表
  • 「品川新駅」は和をイメージ JR東、概要発表

「ライフ」のランキング