産経ニュース

【待機児童】今年も2万3553人、2年連続増 「潜在的」は6万7354人

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【待機児童】
今年も2万3553人、2年連続増 「潜在的」は6万7354人

 認可保育所や認定こども園などの入所を希望しても入れない待機児童は、今年4月1日時点で昨年比386人増の2万3553人と2年連続で増加したことが2日、厚生労働省の集計で分かった。定員は昨年から拡充されたが、雇用情勢の改善で子供を預けて働こうという保護者が増え、利用希望者も増加した。

 育休を延長している保護者の子供を含めるかなど判断基準は自治体ごとに異なり、集計に含まれない「潜在的待機児童」が6万7354人に上ることも判明。厚労省は年度内に待機児童の定義を見直す方針で、さらに数が膨らむ可能性もある。塩崎恭久厚労相は2日の閣議後会見で「市区町村の取り組みを支援し解消に全力を挙げる」と述べた。

 集計によると、都道府県別では東京が8466人で最多。沖縄2536人、千葉1460人、大阪1434人が続いた。首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)と近畿圏(京都、大阪、兵庫)、政令市と中核市で1万7501人と全体の74.3%を占めた一方、青森、山形、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、鳥取の計9県はゼロだった。

続きを読む

「ライフ」のランキング