産経ニュース

無利子奨学金を全希望者に 文科省検討 大学授業料減免も拡大

ライフ ライフ

記事詳細

更新


無利子奨学金を全希望者に 文科省検討 大学授業料減免も拡大

 文部科学省が、大学進学者への無利子奨学金を約2万4千人分増やし、成績や保護者の所得の基準を満たした希望者全員への貸与を目指す方針を決めたことが26日、分かった。全体で約49万9千人分で、平成29年度予算の概算要求に必要経費を計上する。返済不要の給付型奨学金も創設するが、12月までに具体的な対象者などを検討するため、金額を示さない事項要求とする。

 無利子奨学金をめぐっては、基準を満たしているのに予算不足で貸与されない「残存適格者」が28年時点で約2万4千人おり、有利子奨学金を借りるなどしている。文科省は予算獲得で残存適格者の解消を目指す。

 無利子について特に保護者の所得が低い学生の成績基準の緩和にも取り組み、高校の成績が5段階評定の平均で3・5を下回っても申請できるようにする。給付型奨学金について、文科省は成績基準を設ける方針だが、基準を下回った場合でも、校長の推薦などがあれば受給できるような制度設計を議論している。

 大学の授業料減免枠も拡大する。国立大については28年度から約2千人分増やした約6万1千人分、約333億円を要求。減免経費の半額を補助する私立大についても約1万2千人分増の約6万人分、約112億円を計上する。

 東日本大震災で被災した学生向けに、無利子奨学金や授業料減免を別枠で確保。熊本地震で被災した学生も授業料減免で支援する。

「ライフ」のランキング