産経ニュース

「保護猫」を飼う 獣医師・シニア・若い世代…リレーで 「保護猫カフェ」も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「保護猫」を飼う 獣医師・シニア・若い世代…リレーで 「保護猫カフェ」も

おざさ動物病院で育てられている2匹の子猫。「子猫という幸福のバトンを多くの人に引き継いでほしい」と院長の小笹孝道さんは話す=大阪市東成区 おざさ動物病院で育てられている2匹の子猫。「子猫という幸福のバトンを多くの人に引き継いでほしい」と院長の小笹孝道さんは話す=大阪市東成区

 空前の猫ブームといわれるが、環境省によると、全国で年間約8万匹の猫が殺処分されている(平成26年度)。そうした中、飼い主がいなかったり、捨てられたりして保護された「保護猫」を飼おうという動きが注目を集めている。大阪では、獣医師が中心となり、保護された子猫をボランティアらが育て、若い世代に引き渡す活動がスタート。保護猫の譲渡に力を入れる「保護猫カフェ」も登場している。(服部素子)

ウイルスチェック

 大阪市東成区にある「おざさ動物病院」。同病院長で大阪市獣医師会理事の小笹孝道さん(47)が2匹の生後3カ月のキジトラの子猫を抱いて目を細めていた。この2匹は、同獣医師会が実施する「子猫リレー事業」の対象として小笹さんが預かっている保護猫だ。

 「子猫リレー事業」の仕組みはこうだ。大阪市動物管理センター(同市住之江区)が引き取った、飼い主のいない子猫を、まず生後3カ月まで、同獣医師会の会員の病院が引き取って飼育する。その間、ウイルスに感染していないかをチェックしたり、ワクチン接種をしたり医療ケアも施す。次に、「キトンシッター」と呼ばれる、原則として60歳以上のボランティアが育てる。生後6カ月に達すると、再び、動物病院が引き取り、避妊・去勢手術を施す。その後、最終飼育者となる、原則40歳未満の若い世代に引き渡す、という試みだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「保護猫」を飼う 獣医師・シニア・若い世代…リレーで 「保護猫カフェ」も

「ライフ」のランキング