産経ニュース

祝日に「日の丸ラン」 五輪選手応援にも 日本JCが企画

ライフ ライフ

記事詳細

更新


祝日に「日の丸ラン」 五輪選手応援にも 日本JCが企画

憲法記念日に行われた「日の丸チャリティーラン」=5月3日、東京都千代田区の皇居周辺(日本青年会議所提供) 憲法記念日に行われた「日の丸チャリティーラン」=5月3日、東京都千代田区の皇居周辺(日本青年会議所提供)

 国民の祝日を多くの人と一緒に祝おうと、若手経営者らでつくる日本青年会議所(日本JC)が今年からユニークな取り組みを始めている。「日の丸チャリティーラン」と題し、祝日に日の丸を身に付けてジョギングしてもらうという企画。すでに建国記念の日など7日間で実施しており、今年初めてとなる11日の「山の日」にも開催予定。リオデジャネイロ五輪開催中でもあり、日本選手たちへの応援にもなりそうだ。

 日本JCによると、走る場所は全国どこでも自由で時間も自由。日の丸を何らかの形で身に付けて走ってもらうだけで「参加」としている。多くの人が走る東京都千代田区の皇居周辺にあるランニングステーションの2カ所では、日の丸シールを無料配布し、募金の受付をする。

 募金はパラリンピック選手の支援などに使われる「日本パラスポーツ募金」に全額寄付する。これまでに計1千人以上が顔や胸、腕などに日の丸シールを付けて参加し、20万円以上が集まった。

 日本JCの篠原秀和さんは「老若男女問わず、多くの人が日の丸シールを『おしゃれだねー』などと言いながら身に付けてくれている。最近は『何の祝日か』も分からない若者が増えているが、イベントが祝日の認知度アップにもつながればいい」と話している。

このニュースの写真

  • 祝日に「日の丸ラン」 五輪選手応援にも 日本JCが企画

「ライフ」のランキング