産経ニュース

児童虐待初めて10万件超す 平成27年度、25年連続で増加

ライフ ライフ

記事詳細

更新


児童虐待初めて10万件超す 平成27年度、25年連続で増加

 全国の児童相談所(児相)が平成27年度に対応した児童虐待の件数(速報値)は前年度比16・1%増の10万3260件(前年度比1万4329件増)で、過去最多を更新したことが4日、厚生労働省のまとめで分かった。調査を開始した2年度から25年連続で増加を続けており、初めて10万件を超えた。厚労省は「虐待への社会的意識が高まり、近隣や専用電話などからの相談が増えたほか、警察からの通告が増えた結果だ」と分析している。

 調査では全国208カ所の児相に寄せられた通報や相談のうち、児相が虐待の疑いが強いと判断し、親への指導や施設入所などの対応を行ったケースを集計した。

 虐待の内容別では、子供の前で配偶者や親族らに暴力をふるう「面前DV」や他の兄弟と差別的扱いをするなどの「心理的虐待」が全体の半数近い4万8693件と最多。次いで「身体的虐待」が2万8611件、育児放棄である「ネグレクト」が2万4438件、「性的虐待」が1518件だった。

続きを読む

「ライフ」のランキング