産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(50)】中村紀雄 決死の長州、押し返す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(50)】
中村紀雄 決死の長州、押し返す

 伊之助は、にわかに忙しくなった。長州は新たな勝利者となり時代の寵児(ちょうじ)になりつつあった。諸藩の藩主ら訪れる者が多くなり、応待に追われた。広島における対幕府の応接は特に重要で、長州の威信を示しつつ深慮が求められた。正に伊之助の正念場であった。そんなある日、広島の伊之助の宿舎を幻馬が訪ねた。

 「やりましたな。幕府の惨めさは絵にかいたようだ。幕府も終わりですよ」

 幻馬は言った。

 「あなたには随分助けられた。情報の大切さを知りましたぞ」

 伊之助はそう言って、幻馬の手を固く握った。

 慶応3年1月、幕府は征長休戦の勅許を諸藩に布告し、対長州戦、長州から見れば四境戦争は終わった。

「ライフ」のランキング