産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(49)】中村紀雄 やけになった幕府 群馬

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(49)】
中村紀雄 やけになった幕府 群馬

 「はい、しかと伝えます。お綱、女の身で、身に余る大役を果たすことができました。こんな嬉(うれ)しいことはございません。伊之助さま、危険があふれている火の中でございます。十分用心されて、お仕事に励んでください」

 お綱は入ってきたときより丁寧に頭を下げ、去っていった。小さな部屋に女人の香が微(かす)かに漂っていた。一陣の涼風が去り、われに返った伊之助は、再び厳しい現実に立たされた。

     

 老中小笠原長道は、怒りをあらわにし、声を震わせて言った。

 「宍戸備後助と小田村伊之助には不審の廉(かど)あり、拘禁せよ」

 2人の拘禁が伝わると藩内に怒りの炎が広がった。

続きを読む

「ライフ」のランキング