産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(49)】中村紀雄 やけになった幕府 群馬

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(49)】
中村紀雄 やけになった幕府 群馬

第2次征長 

 伊之助が縦横に活躍する舞台が展開していった。伊之助は、このとき(慶応元年5月)小姓役筆頭人に昇格した。

 幕府は広島藩を拠点にして長州藩を厳しく審問、尋問を行った。征長令を発したとはいえ、口実を固める必要があったのである。伊之助は7時間に及ぶ大目付の厳しい尋問に耐えた。

 問答案を作り、十分に準備していたのである。

 伊之助のもとへは幻馬から情報が寄せられていた。

 ある夜、伊之助の宿舎に突然お綱が現れた。御高祖頭巾(おこそずきん)は付けず、普通の町家の娘が商用で訪れたと見える様子であった。

続きを読む

「ライフ」のランキング