産経ニュース

がん罹患 初の100万人超、年間予測 死亡者も最多更新

ライフ ライフ

記事詳細

更新


がん罹患 初の100万人超、年間予測 死亡者も最多更新

がん罹患者数予測 がん罹患者数予測

 平成28年に新たにがんに罹患(りかん)する人が初めて100万人を超えるとの予測を、国立がん研究センター(東京都中央区)が公表した。死亡者数の予測も過去最多を更新。センターは「がんは高齢者がかかりやすいため、高齢化に伴い増えている」としている。

 予測は厚生労働省の人口動態統計のがん死者数やセンターがまとめた全国のがん罹患者数の推計値などを元に、従来の傾向が続いた場合を前提に算出した。

 その結果、28年のがん罹患者数は101万200人(男性57万6100人、女性43万4100人)となり、27年より2万8000人増えた。部位別では大腸(結腸と直腸の合計)、胃、肺、前立腺、乳房の順で前年と変わらなかった。

 一方、28年にがんで死亡する人数の予測は37万4000人(男性22万300人、女性15万3700人)で、前年より3000人増加。部位別では肺(7万7300人)▽大腸(5万1600人)▽胃(4万8500人)▽膵臓(すいぞう)(3万3700人)▽肝臓(2万8100人)-の順だった。男性は肺、胃、大腸、肝臓、膵臓の順、女性は大腸、肺、胃、膵臓、乳房の順。

 予測値は、がんセンターが運営するサイト「がん情報サービス」で15日から公開される。センターは2年後に実際の罹患者数などの数値を公開予定で、「今回の予測値を実測値と付き合わせれば、がん対策でどれだけ罹患者、死者を減らせたかが評価できる」としている。

「ライフ」のランキング