産経ニュース

【知ってる?!】エネルギー自給の住宅「ZEH」(2)省エネに加え快適、安心な暮らし実現

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【知ってる?!】
エネルギー自給の住宅「ZEH」(2)省エネに加え快適、安心な暮らし実現

 使用エネルギーを主に太陽光発電で自給できるようにした住宅「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。将来的には戸建て住宅といえば、ZEHが当たり前の時代が来そうだ。それではZEH仕様の住宅を建設したとして、生活にはどんな利点がもたらされるのだろうか。

 ZEHには国が定めた統一基準があり、これを満たしていないとZEHと名乗ることができない。分かりやすい例が断熱性能だ。ZEHの場合、住宅内から熱が逃げにくい度合いを示すこの性能が高い水準に設定されている。国は住宅を対象にした新しい省エネ基準を策定し、平成32年の義務化を目指している。ZEHは、この新省エネ基準よりも、3割以上熱が逃げにくい性能を保持することと決められている。

 断熱性能が高いと、一度エアコンで住宅全体を冷房したり、暖めたりして停止した後も、しばらくその温度が保たれる。つまり、少ないエネルギーで住宅全体を快適な状態に保つことが可能になる。電気代を節約しようと、エアコンを切って暑さ、寒さに耐える倹約型生活との大きな違いだ。

 また、住宅全体の温度差が少ない快適な状態に保たれることは、居室から浴室に移動した際に脳出血などを引き起こすヒートショックのリスクを低減することになり、安心感も高い。省エネのうえに快適、安心な暮らしを実現するのがZEHといえそうだ。(取材協力 旭化成ホームズ)

「ライフ」のランキング