産経ニュース

【広角レンズ】投稿サイト発ベストセラー続々 新たな才能発掘へ出版社も新規開設

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
投稿サイト発ベストセラー続々 新たな才能発掘へ出版社も新規開設

 インターネット上で自由に小説を発表できる投稿サイトから、多くのベストセラーが生まれている。中には文芸書として50万部を突破した作品もあり、新たなビジネスチャンスとみてサイトの新規開設に乗り出す出版社も登場。今やサイト数は100を超え、その存在感は高まっている。(安田奈緒美)

本屋大賞で2位に

 昨年、一冊の本が出版界の話題を集めた。大阪府在住の住野よるさんのデビュー作『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』(双葉社)。余命幾ばくもない難病の少女と地味で友人のいない少年との交流を描いた青春物語で、平成26年1月に投稿サイト「小説家になろう」に掲載されると、読者が次々と感想を書き込んだ。

 「タイトルからホラーを想起したが、命の重みを感じさせる作品だった」「主人公2人の会話が軽妙で、いつまでも楽しんでいたかった」

 その評判に双葉社が着目。一般の文芸書として27年6月に刊行すると、版を重ねて55万部のベストセラーになり、今年の本屋大賞の2位に入った。

「ライフ」のランキング