産経ニュース

重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社

ライフ ライフ

記事詳細

更新


重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社

 奉祝行事での押印を前に、朱肉の付き具合の確認を受ける巨大御朱印=21日午後、埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社  奉祝行事での押印を前に、朱肉の付き具合の確認を受ける巨大御朱印=21日午後、埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社

 埼玉県東松山市の箭弓(やきゅう)稲荷神社が「御鎮座1300年」となるのに合わせ、地元の商工関係者らが高さ1・42メートル、重さ420キロの巨大御朱印を製作した。21日に開かれた奉祝行事で見事押印に成功し「最も大きな木製スタンプ」として初めてギネス世界記録に認定された。

 正方形の巨大御朱印は、1300年にあやかり1辺が1・3メートル。神社で普段使われている実物の印面を忠実に再現。ギネス認定は、実際に印が押せることがポイント。行事では御朱印をつり上げるのにクレーンを使用し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている県産和紙「細川紙」に押印。ギネス公式認定員が成功と認めた。

 同神社の吉田弘宮司(48)は「人が人を動かして作り上げたこの御朱印で、地域の愛郷心を盛り上げたい」と喜んだ。

このニュースの写真

  • 重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社
  • 重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社
  • 重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社
  • 重さ420キロ 巨大御朱印がギネス認定 埼玉・東松山の箭弓稲荷神社

「ライフ」のランキング