産経ニュース

寝不足だと食の快楽増す?

ライフ ライフ

記事詳細

更新


寝不足だと食の快楽増す?

 寝不足が食べ過ぎや肥満につながりやすいのは、食べることの快楽をより強く感じる変化が脳内で起こるせいかも-。そんな研究を米シカゴ大のチームが発表した。

 20代の男女14人を睡眠不足の状態に置き、血液中の成分の変化を調べたところ、「2AG」と呼ばれる物質の血中濃度が通常より高い状態が持続、空腹や食欲を強く感じた。その後、間食を許すと、十分眠ったときに比べ、脂肪の摂取量が2倍近くになった。

 2AGは大麻と似た作用を持つ物質。チームは、睡眠不足の結果、食べることで得られる喜びや満足の度合いが増し、不健康な食品の選択にもつながるのではないかと推定している。

「ライフ」のランキング