産経ニュース

太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表

ライフ ライフ

記事詳細

更新


太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表

記者会見するスティーブン・ホーキング博士=12日、ニューヨーク(AP) 記者会見するスティーブン・ホーキング博士=12日、ニューヨーク(AP)

 【ロンドン=岡部伸】英宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士とロシア人投資家で大富豪のユーリー・ミリネル氏は12日、光速の5分の1の速度で飛ぶ超小型探査機を開発し、太陽系から最も近い恒星「ケンタウルス座α星」まで飛ばして惑星や生命体を探す計画を発表した。

 タイムズ紙などによると、計画は「ブレークスルー・スターショット」と名付けられ、米フェイスブック創業者のザッカーバーグ氏やノーベル物理学賞を受賞した米国の天文学者らも参加。当面の研究はミリネル氏が1億ドル(110億円)を出資して支える。

 地球からケンタウルス座α星までの距離は4・37光年。現在の探査機では約3万年かかるが、計画は超小型で超軽量の探査機「ナノクラフト」を開発する。

 ナノクラフトは1辺数メートルの極薄の帆を張り巡らせ、地上の多数のアンテナからのレーザー光を帆に受け続けて推力を維持し、数分間で光速の5分の1の速度まで加速する。3日で冥王星を通過し、20年後にα星に到着。ナノクラフトは心臓部に小型カメラや通信機能を備えた1グラムの電子チップを搭載し、周囲の惑星などを撮影して約4年かけて地球にデータを送る。

このニュースの写真

  • 太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表
  • 太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表
  • 太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表
  • 太陽系外の生命探索へ 光の5分の1速度で飛行、超高速探査機を開発 ホーキング博士が露富豪と構想発表

「ライフ」のランキング