産経ニュース

水虫は治せる! 中途半端な治療は禁物 有効な薬使い長期戦で

ライフ ライフ

記事詳細

更新


水虫は治せる! 中途半端な治療は禁物 有効な薬使い長期戦で

革靴を履いて通勤する人々。春になると水虫がぶり返す人は多い(本文と関係ありません) 革靴を履いて通勤する人々。春になると水虫がぶり返す人は多い(本文と関係ありません)

 桜前線が北上中の日本列島。どんどん春めいて気温も上がっているが、水虫の悩みを抱える人にとっては、うっとうしい時期でもある。「水虫は治らない」と言われることもあるが、専門家は「有効な薬はたくさんある。治すことは可能です」と断言している。(櫛田寿宏)

                   

 まずは皮膚科

 水虫は白癬(はくせん)菌というカビが引き起こす感染症。水疱(すいほう)ができたり、かゆくなるなどの症状がでるが、かゆみを訴えるのは水虫患者の10人に1人で、自覚症状がないことが多い。湿度と気温が高くなる春ごろから症状が出始め、秋には症状が治まるというサイクルを繰り返すケースが多い。水虫は、5月の後半に調べると日本人の5人に1人に見られるという。

 帝京大学医学部皮膚科の渡辺晋一教授は「日本では靴下と靴を履くようになった戦後増えました。サンダルで過ごすことが多い東南アジアでは、今も水虫になる人は少ないです」と話す。

 水虫になってしまったらどうすればいいのか。渡辺教授は「『水虫がかゆい』といって受診する人の3分の1は、湿疹やあせもなど、水虫以外の患者さんという調査もあります。まずは信頼できる皮膚科専門医で顕微鏡による診断を受けることが重要です」と強調する。

このニュースの写真

  • 水虫は治せる! 中途半端な治療は禁物 有効な薬使い長期戦で
  • 水虫は治せる! 中途半端な治療は禁物 有効な薬使い長期戦で

関連ニュース

人工知能(AI)で総合診療 自治医大がシステム開発 症状から病名絞り治療方針も決定

「ライフ」のランキング