産経ニュース

家のカギ子供にどう持たせる? 「置き鍵」はもってのほか…常に身につけしっかり管理

ライフ ライフ

記事詳細

更新


家のカギ子供にどう持たせる? 「置き鍵」はもってのほか…常に身につけしっかり管理

「子どもの危険回避研究所」が主催した研究会で、鍵の安全な開け方を練習する小学生ら (同研究所提供) 「子どもの危険回避研究所」が主催した研究会で、鍵の安全な開け方を練習する小学生ら (同研究所提供)

 進学や進級をきっかけに、子供が学校から帰ってから1人で留守番をさせてみようと考えている家庭も少なくないだろう。ただそのときに頭を悩ませるのが、鍵の管理の方法だ。専門家は「身につけて隠す」ことがポイントだと指摘する。(安田奈緒美)

 ◆無人でも「ただいま」

 子供が家族不在の家に帰り、自分で鍵を開けて、1人で留守番をしなければならなくなった場合、鍵の取り扱いはどのようにすればよいだろうか。

 子供の安全を守るための研究や提言を行っている「子どもの危険回避研究所」(東京都八王子市)の所長、横矢真理さんは、「鍵を持たせるなら、常に身につけさせ、ドアを開けるときにはさっととり出せるようにしてほしい。鍵を持っていることが分からないような工夫も忘れずに」とアドバイスする。

 特に、玄関の鍵を開けるときには注意が必要だ。まず、周囲を見渡して不審な人物がいないか確認する▽鍵をすばやくとり出す▽家族が家にいるときと同じように「ただいま」と言ってドアを開ける▽入ったらすぐに施錠する-といった点に気をつけて行動するよう横矢さんは注意を促す。「家族がいるときも同じことに注意して行動しておけば、1人のときも自然に振る舞えます」

「ライフ」のランキング