産経ニュース

サバ缶にサンマを混ぜて300万缶出荷 「サバカレー」で有名な千葉・銚子の加工会社 内部通報で発覚

ライフ ライフ

記事詳細

更新


サバ缶にサンマを混ぜて300万缶出荷 「サバカレー」で有名な千葉・銚子の加工会社 内部通報で発覚

サバのフレーク缶詰にサンマを混ぜて出荷していた信田缶詰の工場=3日午後、千葉県銚子市 サバのフレーク缶詰にサンマを混ぜて出荷していた信田缶詰の工場=3日午後、千葉県銚子市

 千葉県銚子市の水産加工会社「信田缶詰」が2014年に製造したサバのフレーク缶詰約300万缶に、サンマを混ぜて出荷していたことが3日、同社の親会社「マルイチ産商」(長野市)への取材で分かった。信田缶詰は原料にサンマを表示していなかった。

 マルイチ産商によると、サンマを混ぜたのは中東向けに輸出している95グラム入りの缶詰で、国内での流通はない。信田缶詰は「サバの調達が難しかった時に、輸出先との契約があるためやってしまった」と話しているという。

 混入は平成27年8月、マルイチ産商が信田缶詰を子会社化する際に内部通報があり、26年と27年製造分を調査して判明。サンマを混ぜたのは約300万缶で、原料計約450トンのうち、約120トンがサンマだったという。27年分は混入がなかった。

 マルイチ産商は、13年以前の製造分については「輸出先の企業と和解したので、これ以上は調べない」としている。

 信田缶詰は明治38年創業。「サバカレー」などのユニークな商品で知られる。

「ライフ」のランキング