産経ニュース

「お薬手帳」で支払い安く かかりつけ普及目指す

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「お薬手帳」で支払い安く かかりつけ普及目指す

 お薬手帳を持って同じ薬局に通えば、少しだけ支払いが安くなります。4月からの診療報酬改定では、このような見直しが盛り込まれた。

 薬局は薬の代金のほかに、患者への説明などにかかる費用を受け取っている。現在はお薬手帳に調剤日や薬の名前、服薬の注意点を記録したシールを貼ったりすると「管理指導料」として410円の診療報酬が加算され、患者は1~3割を窓口で支払う(四捨五入し10円単位で計算)。

 これに対し、お薬手帳がない場合の管理指導料は340円で、患者(3割負担の場合)の支払いは20円減る。患者は「手帳を持参しない方が、支払いが少なくて済む」ため、薬剤師にしっかりと服薬管理をさせようという国の考えとの間に矛盾が生じていた。

 そこで4月からは、薬局に初めて来たり、手帳を持ってこなかったりした患者への指導料を500円に値上げ。原則半年以内に処方箋と手帳を持って同じ薬局にかかった場合の指導料は380円に下げる。

「ライフ」のランキング