産経ニュース

茶髪や白髪染め「ヘアカラー」で皮膚にアレルギー発症 セルフテストで予防して

ライフ ライフ

記事詳細

更新


茶髪や白髪染め「ヘアカラー」で皮膚にアレルギー発症 セルフテストで予防して

耳の後ろ側の皮膚にアレルギー症状が出た患者の症例 (関東裕美教授提供) 耳の後ろ側の皮膚にアレルギー症状が出た患者の症例 (関東裕美教授提供)

 白髪を黒く染めたり、黒髪を明るくするヘアカラー剤で起きるアレルギーなど皮膚障害の事例が消費者庁に報告されている。一度症状が表れると使う度に重症化することもある。同庁は「異常を感じたら使用をやめ、医療機関を受診して」と注意喚起している。(中井なつみ)

                   ◇

 ◆顔が腫れ上がる

 「顔が赤く腫れ上がった」。東京都内の50代の女性は、髪を染めた翌日、顔の変化に気付いた。数年前から髪を染めるとかゆみなどの症状があったが、市販薬で症状が落ち着くため、染毛は続けていた。しかし、この時は違っていた。顔が大きく腫れ、目も開けられないほどだった。慌てて病院を受診。ヘアカラー剤によるアレルギーと診断された。「まさかアレルギーとは思わなかった」と振り返る。

 多くのアレルギー患者を診察する東邦大医療センター大森病院(東京都大田区)の関東裕美教授によると、ヘアカラー剤に含まれる成分、パラフェニレンジアミン(PPD)でアレルギー反応が起きやすいという。PPDは、成分を毛髪の内部にまで浸透させ、黒褐色の色素を分解しながら染毛する働きがある。カラーの色持ちがよくなるため、広く使われている。

このニュースの写真

  • 茶髪や白髪染め「ヘアカラー」で皮膚にアレルギー発症 セルフテストで予防して

「ライフ」のランキング