産経ニュース

「お客さまの中に…」はもう不要?医師の座席情報を把握 国内初、JALと医師会が新制度

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「お客さまの中に…」はもう不要?医師の座席情報を把握 国内初、JALと医師会が新制度

「JALドクター登録制度」を紹介する日本医師会の石川広己常任理事(中央)と日本航空の加藤淳執行役員(右)=3日午後、東京都文京区(道丸摩耶撮影) 「JALドクター登録制度」を紹介する日本医師会の石川広己常任理事(中央)と日本航空の加藤淳執行役員(右)=3日午後、東京都文京区(道丸摩耶撮影)

 日本航空と日本医師会は3日、医師が飛行機に搭乗する際、日航側が座席情報などを把握できる「医師の事前登録制度」を導入すると発表した。機内で急病人が出た際、迅速な手当てができるという。国内航空会社では初の取り組みで、日医は他社への拡大も検討する。

 登録は任意だが日航のマイレージ会員で、日医が発行するICカード型資格証を持つ医師が対象。医師が搭乗手続きをすると自動的に座席情報などを把握し、急病人が出た際は、乗務員が医師に直接救護を依頼する。実際の運用は15日から始める。

 現在は機内アナウンスで医師や看護師の申し出を呼び掛けているが、手当てが始まるまで時間がかかるケースがあった。登録した医師への特典として、上級マイレージ会員向けの空港ラウンジを開放する。

 一日約1000便を運航する日航では、医師の対応が必要な急病人が国内線、国際線あわせて毎年200人以上発生している。日航の加藤淳執行役員は「機内に緊張感が走らず、乗客も安心できる」という。

 海外ではドイツのルフトハンザが同様の登録制度を導入している。

関連ニュース

【赤ひげ大賞】医学生も参加「地域医療に貢献できる医師に」

「ライフ」のランキング