産経ニュース

中3英語力調査、政府目標届かず

ライフ ライフ

記事詳細

更新


中3英語力調査、政府目標届かず

   

 文部科学省は2日、中学3年と高校3年を対象に英語の「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能を測る平成27年度英語力調査の結果(速報)を公表した。中3の調査は今回初めて。政府は中学卒業段階の目標として、実用英語検定(英検)「3級程度以上」の割合を50%にすることを掲げているが、4技能とも届かなかった。

 調査は昨年6~7月、全国の国公立約600校の中3約6万人(「話す」は約2万人)と同約500校の高3約9万人(同約2万2千人)を抽出して実施した。それによると、英検3級程度以上に相当する語学力の国際的指標「A1上位以上」の割合は、中3で「聞く」20・2%▽「読む」26・1%▽「書く」43・2%▽「話す」32・6%-だった。

 4技能のレベルに差があり、バランスよく育成されていないことも明らかになった。「書く」では得点分布のばらつきが大きく、「A1上位以上」が多い一方、無解答も12・6%に上った。

 文科省では「必修と選択科目がある高校と違い、義務教育では同じ科目を履修するにもかかわらず、ばらつきがあるのは課題だ」とみている。

 高3の調査は26年度に続き2回目。高卒段階で政府が目標とする英検「準2級程度以上」の割合は、「読む」32%▽「聞く」26・5%▽「書く」17・9%▽「話す」11%-にとどまった。

 ただ、26年度に比べ0・5~7・3ポイント上昇し、一定の改善がみられた。

「ライフ」のランキング