産経ニュース

こどもの城跡地に医療拠点 都、35年度開設へ 直下地震・テロ想定

ライフ ライフ

記事詳細

更新


こどもの城跡地に医療拠点 都、35年度開設へ 直下地震・テロ想定

首都災害医療センター予定地

 首都直下地震やテロで多数の負傷者が発生する事態に備え、東京都が、平成27年2月に閉館した「こどもの城」(渋谷区)跡地の国有地を買収し、救急医療の拠点となる「首都災害医療センター」の建設を計画していることが15日、都への取材で分かった。28年度予算案に約370億円を計上し、用地取得に乗り出す。開設は35年度になる見通し。

 都によると、災害時の救急医療の中心となる「基幹災害拠点病院」と国が現在定めるのは、都立広尾病院(渋谷区)と国立病院機構災害医療センター(立川市)の2カ所。だが、広尾病院は昭和55年開設で老朽化が進み、震度6弱を上回る地震があった際、病院機能を維持できない可能性があった。

 計画では、広尾病院を渋谷-表参道駅間の一等地にあるこどもの城跡地(約1万平方メートル)に移転。免震構造にして首都直下地震に備えるほか、サリンガスや炭疽(たんそ)菌などを含めたNBC(核・生物・化学)テロにも対応できる設備を整えた「首都災害医療センター」として整備する。

「ライフ」のランキング