産経ニュース

海上自衛隊P3C哨戒機、今冬初の流氷観測 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


海上自衛隊P3C哨戒機、今冬初の流氷観測 

北海道・網走市の北約280キロのオホーツク海上で今冬初観測された流氷=9日午前9時45分ごろ(海上自衛隊第2航空群提供)

 海上自衛隊第2航空群(青森県八戸市)は警戒中のP3C哨戒機が9日、オホーツク海上で、この冬初めて流氷を観測したと発表した。

 流氷は北海道網走市から北へ約280キロの海上をゆっくり南下。大きさは幅約5キロの帯状で、薄く南北方向に広がっているという。

 昨冬の初観測は12月31日だったが例年、1月上旬に観測され、今年も平年並みという。

 札幌気象台によると、オホーツク海沿岸から肉眼で見える「流氷初日」は平年並みの今月中旬になりそうだという。

このニュースの写真

  • 海上自衛隊P3C哨戒機、今冬初の流氷観測 

「ライフ」のランキング