産経ニュース

【乳がんと闘う】乳房再建術はここまできた! 人工乳房、インプラントも保険適用 メリットとリスクは?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【乳がんと闘う】
乳房再建術はここまできた! 人工乳房、インプラントも保険適用 メリットとリスクは?

 下着メーカーのワコール(京都市南区)では40年以上前から、乳がん手術を受けた女性のためのシリーズ「リマンマ」を販売。全国に6カ所に相談室を設け、患者に合わせた商品をそろえる。再建後の段階や肌触りなどのニーズに合わせて選ぶことができ、3万人以上の女性が利用しているという。東京都台東区の「利まんまルーム東京」で相談スタッフを務める岩本法子さんは「治療の状況などそれぞれの方の情報を得ながら、その方に合った下着を提案できるよう心がけています」と話す。

 海外でも米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが2013年、がん予防のために両乳房を切除・再建し、話題を呼んだ。

 母親を乳がんで亡くし、乳がん啓発活動を続ける英国のデザイナー、ステラ・マッカートニーさんは昨年9月、自身のブランドから専用のブラジャーを発売。ステラさんは「手術を受けた女性が誇れるものを持てるよう、また恥じることのないようにしたいと考えた。手術をしても変わらずフェミニンで官能的であること、女性であること、そして内面とともに外見も美しさを保っていると感じられることを知ってほしいと思いました」とコメントしている。

このニュースの写真

  • 乳房再建術はここまできた! 人工乳房、インプラントも保険適用 メリットとリスクは?
  • 乳房再建術はここまできた! 人工乳房、インプラントも保険適用 メリットとリスクは?
  • 乳房再建術はここまできた! 人工乳房、インプラントも保険適用 メリットとリスクは?

「ライフ」のランキング