産経ニュース

【広角レンズ】幕末、明治とどめた古写真 学問として解読、語り始める歴史

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
幕末、明治とどめた古写真 学問として解読、語り始める歴史

幕末有名人の集合写真とかつて紹介されていた通称「フルベッキ写真」(産業能率大学所蔵)

 幕末から明治ごろにかけて日本で撮影された古写真について、関心が高まっている。文書に比べ歴史資料として軽視されがちだった古写真を読み解き、情報を引き出す「歴史写真学」が提唱されているほか、当時の撮影技法を現在に蘇(よみがえ)らせた写真館もオープンしている。(磨井慎吾)

 ◆撮影時期を確定

 西郷隆盛や坂本龍馬、高杉晋作ら明治維新に関わる有名人が一堂に会し、オランダ出身の宣教師フルベッキを囲んで慶応元(1865)年2月に撮影した記念写真-。

 かつてそう紹介され、複製が高額で販売されることもあった通称「フルベッキ写真」の正体が、古写真研究の進展によって解明されつつある。

 古写真研究家の高橋信一・元慶応大准教授(66)によると、この写真は幕末から明治初期にかけて長崎に置かれた佐賀藩藩校「致遠館」の教員・生徒らを同地で写したもの。もちろん西郷や坂本らは写っておらず、人物のほとんどは佐賀藩士。明治元(1868)年10月に入った岩倉具視の息子2人の姿があることなどから、撮影時期も同年末に近いころとほぼ確定しているという。

 同写真については、約40年前に老舗出版社の歴史専門誌で「西郷隆盛らが写った写真」とする説が出され、近年まで表立った反論がなされなかったため、今でも一部で“幕末有名人の集合写真”と誤解されている。高橋さんは「これまでの歴史研究者が写真にあまり注目してこなかった結果、誤った説が広まってしまった。古写真については、もっと学問的な研究が必要」と訴える。

このニュースの写真

  • 幕末、明治とどめた古写真 学問として解読、語り始める歴史

「ライフ」のランキング