産経ニュース

【解答乱麻】教育とは親や教師の「言葉と行動」にほかならない バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
教育とは親や教師の「言葉と行動」にほかならない バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

 「教育という抽象的なものは存在しない」。私が教育実践を続けてきて確信していることの一つだ。

 私たちは「学校教育」や「家庭教育」が「良い」「悪い」などと口にするが、「教育」という言葉の実質を突き詰めてみれば、結局は親や教師一人一人の「言葉と行動」に他ならない。どのような言葉で語り、行動するかが全てだ。褒めることも叱ることも何かを伝えることも全ては言葉と行動で表現される。

 それら「言葉と行動」は、個々人の「物の見方」や「考え方」から生まれる。だから、教育に携わる者が、人生観、人間観、仕事観、国家観といった「考え方」を磨かずして、子供たちに良き教育(良き言葉と行動)を授けることなどできはしない。教える者の思いや信念や人格は必ず伝わる。同じ教科書を使って教えても、心に響く授業とつまらない授業が生まれる真因はそこにある。

 ゆえに巷間(こうかん)叫ばれる「教育の荒廃」とは、つまるところ、一人一人の人間の「考え方の荒廃」に他ならない。私たちは確かに、近代以前の人々が夢想だにできないほど多くの知識と情報を得、テクノロジーを駆使している。だが、精神を鍛え、人として誠実に活(い)き活きと生きるための学問を失った。

 近代資本主義の父と称される渋沢栄一は「わが国において、殖産、工業、商売、その他百般の進歩に、比較的罪悪の伴わなかった所以(ゆえん)は、上流社会においては、武士道、中流社会においては、五倫五常の儒教、下流においては、勧善懲悪、因果応報の仏教の力が、あずかって多きにあったと言わねばならない」(『渋沢栄一訓言集』)と述べている。翻って今日の社会の姿を省みるに、武士道も儒教も仏教もすっかりその影を潜めてしまった。道義は廃れ、損得が行動の基準となり、親殺し、子殺し、子供を死に至らしめるような育児放棄やいじめ、大企業や公務員の不祥事等々も日常茶飯事だ。じわじわと私たちの「考え方」は劣化してきたのだ。

「ライフ」のランキング