産経ニュース

独身女性のマンション購入 売却視野に資産価値重視

ライフ ライフ

記事詳細

更新


独身女性のマンション購入 売却視野に資産価値重視

 女性向けの不動産紹介サイト「ノムコム・ウーマン」を運営している、野村不動産アーバンネットの板垣香織さんは「今は結婚したり、家族が増えたりした場合には、売却することなどを視野に入れたうえで購入する女性が多いですね」と話す。

 購入者層も広がっているという。以前は40歳前後のキャリア女性が多かったが、今は20代の女性や派遣社員など幅広い。「家賃がもったいないと考え、資産形成として捉えています」と板垣さん。

 同社が今年6月、独身男女156人を対象に実施した調査で、住まい探しのきっかけを尋ねたところ(複数回答)、女性は「賃貸よりも持ち家のほうが金銭的に得」と「もっと好条件の家に住みたい」がともに31・9%で1位だった。

資金計画が重要

 独身女性がマンションを購入する場合、重要なのが資産価値だ。10月の横浜市のマンション傾斜問題発覚後、「女性のための快適住まいづくり研究会」のセミナー参加者は1・3倍に増えた。小島代表は「問題をきっかけに購入前にしっかり勉強し、資産価値の高い物件を選ぼう、という意識が一層、高まった」と話す。新築では建物の欠陥を事前に見抜くのは難しいが、中古物件ならば、専門家に住宅診断を依頼してもいい。

 結婚や出産などライフスタイルの変化を考慮し、「貸したり売ったりしやすい物件を選んだほうがよい」と指摘するのは、ファイナンシャルプランナーの大竹のり子さんだ。

 まず大事なのは立地だ。駅から徒歩5分以内の物件は特に需要が高い。地域の特性を知るのも大切だ。「ファミリー層が多い地域なら2LDK以上、シングルが多い地域なら1LDKのニーズが高い。需要に合う物件ならば売却もしやすい」と大竹さんは話す。

このニュースの写真

  • 独身女性のマンション購入 売却視野に資産価値重視

関連ニュース

【横浜傾斜マンション】うちのマンションは大丈夫? 専門家「まず問い合わせ」

「ライフ」のランキング