産経ニュース

祖父母が一肌脱ぐ「孫育て」 シニア向け講座など自治体が支援拡大 世代間交流が進む

ライフ ライフ

記事詳細

更新


祖父母が一肌脱ぐ「孫育て」 シニア向け講座など自治体が支援拡大 世代間交流が進む

3世代が参加する「孫育て講座」。地域の交流にもつながる=堺市堺区

 千葉市の主婦、坂部京子さん(62)は来年1月、3人目の孫が生まれることをきっかけに受講した。「初めての内孫。最初の孫はもう20歳なので、その頃と子育ての様子が全然違うことがよく分かった。お嫁さんは出産後も仕事を続けるので、私ができることは手伝いたい」

 平成24年度から孫育て講座を実施している堺市。当初はシニア世代向けだったが、昨年度からは子育て世代も対象にし、世代間交流ができるようにした。同市子育て支援課は「子育ては時代とともに変化するが、昔から受け継がれている知恵もたくさんある。講座で子育てや孫育てのヒントを見つけてもらいたい」と狙いを説明する。

 ◆一時預かりや奨励金

 孫育てをする祖父母を支援する自治体もある。福井市は6月、父母に代わり日常的に0歳の孫やひ孫を保育する祖父母や曽祖父母を対象に一時預かり施設の利用券の発行を始めた。同市では共働き率が高く、3世代同居や近居で孫育てをしているシニア世代が多いことから企画した。

 10月末までの利用者は17人。「息抜きができてよかった」などの声が寄せられているという。同市子育て支援室は「孫育てをしている方たちにも何らかの支援が必要。自分の親に保育を頼んでいる子供が申し込んでプレゼントするケースもあった」と話す。

このニュースの写真

  • 祖父母が一肌脱ぐ「孫育て」 シニア向け講座など自治体が支援拡大 世代間交流が進む

「ライフ」のランキング