産経ニュース

もんじゅ、あすにも重大決定 規制委が機構理事長を聴取「運営主体にふさわしくない」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


もんじゅ、あすにも重大決定 規制委が機構理事長を聴取「運営主体にふさわしくない」 

原子力規制委の質問に答える日本原子力研究開発機構の児玉敏雄理事長=2日午後、東京都港区の原子力規制庁

 原子力規制委員会は2日、臨時会合を開き、安全の不備が続く高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、運営する日本原子力研究開発機構の児玉敏雄理事長を聴取した。規制委は、機構の能力を「平均値以下」と指摘し、運営主体として機構がふさわしくないとの認識で大筋一致。早ければ4日にも勧告権の行使を含めた「重大な決定」を下す。

 児玉理事長は「もんじゅを運営するのは原子力機構以外にない」と主張し、重要設備の保全計画の見直しや、未点検機器の点検を来年春までに全て完了することを約束した。

 これに対し、規制委の更田豊志委員長代理は「民間ならすでに倒産している。絶え間なく違反を繰り返している」と強調。伴信彦委員も「高速炉を動かすのは世界的にも難しい。管理でも世界最高水準でなければならないことは分かっているはずだ」と追及した。

「ライフ」のランキング