産経ニュース

【ローカルプレミアム】ツタヤ図書館めぐるゴタゴタで 「公立図書館のあり方」も議論に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ローカルプレミアム】
ツタヤ図書館めぐるゴタゴタで 「公立図書館のあり方」も議論に

書店やカフェも併設されている海老名市立中央図書館の1階フロア=神奈川県海老名市

 中古本1万冊の追加購入、タイの風俗店案内ガイドの配架など、次々と明らかになっている「ツタヤ図書館」のゴタゴタ…。10月20日には新図書館計画をめぐり、愛知県小牧市がレンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」などとの業務契約解消を発表した。住民投票による反対多数で計画が白紙化されたためだが、民間の発想を取り入れたCCCの挑戦を評価する声もあり、住民ニーズに応える「公立図書館のあり方」の議論が従来になく白熱している。

 (横浜総局 古川有希)

 前例ない手法に賛否

 「ツタヤ図書館」の第1号は、平成25年4月に開館した佐賀県武雄市の公立図書館。スターバックスカフェや蔦谷書店を備えた館内は、これまでの図書館のイメージとはかけ離れたスタイリッシュな空間が広がり、地元住民だけでなく、全国から図書館を訪れる観光客で大きなにぎわいを呼んだ。

 一方、追加購入した約1万冊が全て古本だったことや、埼玉県のラーメン店を紹介する本や古い年度の実用書など、住民ニーズの低い本が多く含まれていたことが問題となった。

 ネット上では、「売れ残った在庫を武雄図書館に回しているのではないか」との憶測も飛び交ったが、CCC広報は「書店で売れ残った本は返本できる仕組みがある。(ネットの憶測は)事実無根です」と明確にこれを否定する。

 愛知県小牧市では、市が約42億円をかけて、名鉄小牧駅近くに「ツタヤ図書館」を新設する計画を進めていた。だが、10月4日に実施された住民投票で反対が多数を占め、同20日には、CCCと結んでいたアドバイザリー契約の解消が発表された。

 “排除”間に合わず

 10月1日、CCCと図書館流通センター(TRC)の2社が指定管理者となってリニューアルオープンした神奈川県海老名市の市立中央図書館。関係者は全国2館目となる「ツタヤ図書館」の誕生に晴れやかな表情を見せながらも、疲労感を隠しきれなかった。

このニュースの写真

  • ツタヤ図書館めぐるゴタゴタで 「公立図書館のあり方」も議論に

「ライフ」のランキング