産経ニュース

【梶田さんノーベル賞】「知の地平線を拡大する作業」 梶田さんが語る科学の魅力とは…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【梶田さんノーベル賞】
「知の地平線を拡大する作業」 梶田さんが語る科学の魅力とは…

ノーベル物理学賞を受賞した東京大宇宙腺研究所の梶田隆章教授は、下村文科相より祝福の電話を受けた=6日午後、東京都文京区の東京大学(宮崎瑞穂撮影)

 ノーベル物理学賞に輝いた東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)が7日、産経新聞の取材に応じ、「当初は頭の中が真っ白だったけれど、日付が変わって、じわじわと喜びがわいてきた」などと受賞の喜びを改めて語った。

 科学の魅力について梶田さんは、「科学は人類が広い意味で協力して知の地平線を拡大する作業。一人一人の研究者ができることはそれほど大きくないが、自分が拡大していくプロセスが醍醐味(だいごみ)」と話した。

 若者の理科離れが進んでいることにも触れ、「だからこそ、科学研究の楽しさを多くの若い人に知ってもらえるような取り組みを、地道に続けていきたいと思っている」と強調した。

 賞金は計800万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)の半分の約6千万円。使い道は「まだ全然考えていない」という。

 12月にはストックホルムで授賞式が開かれ、スウェーデン王室を交えた晩餐会(ばんさんかい)やダンスパーティーなど華やかな行事が続くが、「まだ何があるのか全然わからないので、楽しいもなにも全く未知の世界なんです」と苦笑した。

 今後の研究について梶田さんは「宇宙が加速膨張している意味を考えることが非常に重要だが、根本的に分かっていないことがまだたくさんある。次世代の若い研究者に期待したい」と話した。

「ライフ」のランキング