産経ニュース

梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見

ライフ ライフ

記事詳細

更新


梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)とカナダ・クイーンズ大のアーサー・マクドナルド名誉教授(72)に授与すると発表した。素粒子ニュートリノに質量があることを発見し、物質や宇宙の謎に迫る素粒子研究を発展させた功績が評価された。

 日本のノーベル賞受賞は5日に医学・生理学賞の受賞が決まった大村智氏に続き計24人。物理学賞は昨年の赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏に次いで2年連続の受賞で計11人となった。

 ニュートリノは物質を構成する最小単位である素粒子の一つで、質量の有無をめぐる議論が半世紀にわたって続いてきた。梶田氏は02年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊氏に師事。ニュートリノに質量があることを観測で突き止め、素粒子研究の進展に大きく貢献した。

 東大助教授だった梶田氏は、岐阜県飛騨市神岡町の地下鉱山跡にあるニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」で、大気中で発生する「大気ニュートリノ」を観測。平成10(1998)年、ニュートリノが質量を持つことの証拠になる振動現象を発見した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見
  • 梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見
  • 梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見

「ライフ」のランキング