産経ニュース

増える「家族葬」「1日葬」「直葬」 高齢化・価値観の変化が背景に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


増える「家族葬」「1日葬」「直葬」 高齢化・価値観の変化が背景に

家族葬では参列人数が少ないために、自宅で故人を送ることが可能になることもある

 ◆安さへの誤解

 「家族葬は安い」という誤解も広がっている。確かに、通夜や葬儀後の飲食費は減るが、僧侶への布施・戒名料や、火葬、ひつぎ、骨壺にかかる費用が減ることはない。参列者が少ない分、香典も少ないので、遺族の費用負担は大きなものになることもあり、注意が必要だ。

 家族葬の広がりについて、専門誌「SOGI」(表現文化社)の碑文谷創編集長は「背景には、過剰な葬儀への反発があるのではないか」と今後のさらなる増加を予想する一方で、「死者と身近な関係者は血縁者とはかぎらない。死者と深く関わった人を『家族でない』と排除するのは、死者中心の弔いという観点からは大きく離れている。流行や経済的な理由だけで家族葬を選択すべきではないだろう」とも指摘している。(『終活読本ソナエ』2015年秋号に詳細を掲載)

「ライフ」のランキング