産経ニュース

増える「家族葬」「1日葬」「直葬」 高齢化・価値観の変化が背景に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


増える「家族葬」「1日葬」「直葬」 高齢化・価値観の変化が背景に

家族葬では参列人数が少ないために、自宅で故人を送ることが可能になることもある

 ◆どこまで呼ぶか

 家族葬が増えることで、故人をゆっくりと丁寧に送ることができるというメリットがある一方で、問題も起きている。家族葬を選択したはいいが、親戚、知人に「どこまで声をかけたらいいのか」という問題だ。葬儀が済んだことを、あとから知った人から「なぜ呼んでくれなかったのか」といった声が出たり、遺族宅への弔問がいつまでも続くといったケースが発生したりしている。

 葬儀社などでは、葬儀後に関係者に丁寧な手紙を出すことで、死亡を伝えると同時に、葬儀に呼ばなかったことへの理解を求めるように勧めることが多いが、それでもすべての関係者に納得してもらうのは難しいのが現実だ。

 とりわけ、家族のみで式を行うことにこだわり、故人の兄弟姉妹に声をかけ忘れ、トラブルとなる事例が少なくないという。また、直葬や1日葬を選んだ場合には、「弔いになっていない」と考える菩提(ぼだい)寺との間でのトラブルも報告されている。

「ライフ」のランキング