産経ニュース

【STOP!メタボリックシンドローム】オフィスで「立ち仕事」…腹囲減少、生活習慣病予防に効果

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【STOP!メタボリックシンドローム】
オフィスで「立ち仕事」…腹囲減少、生活習慣病予防に効果

立ってパソコンなどの作業ができるスペース。腹囲減少の効果があった=東京都中央区のイトーキ東京イノベーションセンター

 生活習慣病につながる肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にならぬよう、腹八分目の食事とともに適度な運動が必要なことは誰でも知っているが、なかなかできないのが世の常。そうした中、わざわざ時間を作って運動するのではなく、オフィスに“仕掛け”を設け、仕事をしながらカロリーを消費させることで社員の健康増進に成功した企業がある。そのノウハウを外部にも提供していくという。(山本雅人)

 ◆意識しなくても

 立ち仕事の推奨で健康づくりを行っているのは、オフィス家具大手のイトーキ(本社・大阪市)。同社では、オフィスの壁際に立ったままパソコン作業ができるコーナーを設けたほか、立ち机も置いている。導入にあたっては国立健康・栄養研究所の宮地元彦健康増進研究部長のアドバイスを受けた。

 同社ではその効果を確認するため、社員32人を対象に、1週間当たり10時間は立ち仕事というノルマを課し、6週間続けてもらった。普段通りに勤務した6週間の平均の腹囲と比較したところ、立ち仕事での6週後は平均0・8センチ減少した。一方、普段通りの勤務ではわずかに増加していた。また、壁際にあるコーナーから資料などを取りに動くことが増えたためか、立ち仕事では1日の歩数も約千歩増加していた。

このニュースの写真

  • オフィスで「立ち仕事」…腹囲減少、生活習慣病予防に効果
  • オフィスで「立ち仕事」…腹囲減少、生活習慣病予防に効果

「ライフ」のランキング