産経ニュース

【料理と酒】暑い夏を乗り切る!アシタバ、オクラ、ミョウガの胡麻和え

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【料理と酒】
暑い夏を乗り切る!アシタバ、オクラ、ミョウガの胡麻和え

胃や腸にやさしい野菜

 アシタバはセリ科の植物で、摘んだ翌日にはもう新しい葉が出てくるといわれるほど生命力が強いとされ、明日葉とも書きます。食物繊維、ビタミン類、ミネラル分が多いことでも知られ、特にベータカロテンや、ビタミンB、C、Eを多く含み、抗菌、抗酸化作用があるといわれています。

 伊豆大島や八丈島など伊豆七島で栽培が盛んで、青汁などの原材料にも使われおり、食物繊維やベータカロテンはケールの1.5倍もあるそうです。独特の苦味や風味も、元気になれるような気にさせてくれます。

 今回は同様に栄養価の高いオクラ、そしてミョウガ、胡麻を合わせてサッパリと仕上げました。ビールや焼酎のロック、冷酒に合います。胃や腸にやさしい野菜もふんだんに摂って、暑い夏を乗り切りましょう。(速水裕樹)

【材料】4人分

アシタバ…1把

昆布とカツオのだし…大さじ4

醤油…大さじ2

みりん…大さじ1

オクラ…1袋

ミョウガ…3個

すり胡麻…大さじ1

胡麻…大さじ1

昆布とカツオのだし…大さじ3

醤油…大さじ1

みりん…小さじ2

ざらめ砂糖…小さじ1

塩…少々

【作り方】

1.沸騰したたっぷりの湯に、塩小さじ1を入れ、洗ったアシタバを入れて2分でザルにあげる。すぐに冷水に入れ、しっかりと水気を切り、5センチ幅に切る

2.オクラも沸騰した湯に塩を入れて、2分茹で、そのままザルにとり、輪切りにする

3.ミョウガは縦に千切りにする

4.アシタバに下味をつける。ボウルにだし大さじ4、醤油大さじ2、みりん大さじ1を入れてかきまぜ、アシタバを入れ軽くかきまぜる。そのままアシタバだけを取り出して、しっかりと絞る

5.ボウルにだし大さじ3、醤油大さじ1、みりん小さじ2、砂糖小さじ1、塩少々を入れて砂糖が溶けるまでよくかきまぜる。さらにすり胡麻を入れて、混ぜ合わせる

6.(5)にアシタバ、オクラ、ミョウガを入れ、軽く混ぜる

7.器に盛り、最後に上から胡麻をふりかけてできあがり

【オススメのお酒はこちら!】

“幻の酒米”で醸したオリジナル日本酒「輪一筋」(産経netShop)

壱岐島で最古の蔵元「山の守酒造場」が醸す、かめ仕込み麦焼酎(産経netShop)

無農薬で造られた“奇跡の芋”を使った幻の焼酎「一天四海」(産経netShop)

「ライフ」のランキング