産経ニュース

【ゆうゆうLife】かかりつけ医の機能強化 慢性疾患患者に24時間対応

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
かかりつけ医の機能強化 慢性疾患患者に24時間対応

介護保険でリハビリをする様子を見に、かかりつけ医が現れることも=東京都世田谷区の在宅総合ケアセンター成城 (一部画像を加工しています)

 日頃は外来にかかっている患者が、いざというときに発するSOSには、誰が応えるのか-。糖尿病や高血圧症など、複数の慢性疾患を抱える患者を対象に、厚生労働省は昨年度、治療費の新しい算定方法として「地域包括診療料」を創設した。中小病院や診療所が「かかりつけ機能」を発揮し、健康管理や訪問に対応することが期待される。健やかなときも、病めるときも、死の間際も、継続して診てくれる医師は増えるだろうか。(佐藤好美)

                   

 ◆医療も介護も

 東京都世田谷区に住む坂口康さん(67)は13年前に脳梗塞を発症した。今も左側にまひがあり、介護保険の要介護度は1。だが、つえを使って外出もするし、旅行にも行く。医療も介護も、住まいから車で数分の「在宅総合ケアセンター成城」で受ける。

 週に1度は同センターの通所リハビリに通う。介護保険のサービスで、理学療法士から個別リハビリを受け、自主トレに励む。80分のプログラムを終えると汗だくだが、「仲間とおしゃべりをして、リハビリをするのが楽しい。リハビリは、残った機能で暮らしていくためのものだと思う」と前向きだ。

「ライフ」のランキング