産経ニュース

【次期学習指導要領】新教科「歴史総合」誕生、世界史必修見直し、近代は日本史と融合

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【次期学習指導要領】
新教科「歴史総合」誕生、世界史必修見直し、近代は日本史と融合

文科省が次期学習指導要領の改定骨格案を提示した、中教審の特別部会で発言する委員=5日午後、東京都港区

 文部科学省が5日に公表した新学習指導要領の答申の素案では、高校の地理歴史科について、現行指導要領で定められている世界史の必修を見直した上で、近現代史分野を中心に日本史と世界史を融合させた「歴史総合」を新たに必修科目として設けることが示された。また、地理分野でも必修科目の「地理総合」を新設し、地域の課題を把握し問題解決に向けた思考力を養うとした。

 現行の歴史科は、小中学校の社会科で日本史を中心に学ぶため、高校では世界史が必修、日本史と地理が選択科目になっている。

 国立教育政策研究所による平成17年度の教育課程実施状況調査では、日本史Bの両大戦期を扱った近代史分野で、生徒の9割近くが標準的な正答率を下回り、近現代史学習への課題が浮き彫りになっている。調査は旧指導要領に沿ったものだが、文科省は「この傾向は現在も続いている」と指摘する。

「ライフ」のランキング