産経ニュース

【ゆうゆうLife】病と生きる アイドル・夏目亜季さん(24) 子宮頸がんなど乗り越え「命の大切さ」を伝えたい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
病と生きる アイドル・夏目亜季さん(24) 子宮頸がんなど乗り越え「命の大切さ」を伝えたい

夏目亜季さん

 アイドルの夏目亜季さんは平成26年秋、子宮頸(けい)がんと診断された。治療により卵巣機能は失われたが、転移していたリンパ節のがんも奇跡的に消滅し、寛解した。高校時代から難病を患い、デビュー後にものどの手術を受けるなど、数々の病気を克服してきた経験から、「若いと面倒に感じてしまうかもしれないが、おかしいなと感じたら、すぐに病院を受診してほしい」と呼び掛けている。(文・日野稚子)

 もともと貧血の持病があります。高校の健康診断の血液検査で貧血であることが分かり、医師から激しい運動を禁じられていました。高校3年の6月、40度の高熱を出して病院に行くと医師から「脾臓(ひぞう)が腫れている」と告げられました。精密検査の結果、「自己免疫性溶血性貧血」と診断されました。

 〈自己免疫性溶血性貧血は今年、国の難病(医療費助成対象疾病)指定を受けた。自分の赤血球を異物であるかのように攻撃する自己抗体が生産され、赤血球が破壊されることにより起こる貧血〉

 主治医から「治療法はなく、薬を飲んで一生付き合っていくしかない」と言われました。実は、精密検査前に白血病を疑われ、死を想像していたので、薬を飲み続ければ大丈夫なのかと少しホッとしました。

                □ ■ □

「ライフ」のランキング