産経ニュース

国内最大の南関東ガス田増産へ 経産省、地盤沈下防ぐ実証試験を検討

ライフ ライフ

記事詳細

更新


国内最大の南関東ガス田増産へ 経産省、地盤沈下防ぐ実証試験を検討

 国内最大級の埋蔵量を持つ「南関東ガス田」の本格的な開発に向け、経済産業省が現地で実証試験を行う方向で検討していることが19日、分かった。天然ガスを含む地下水をくみ上げる際に、地盤沈下を防ぐ技術の有効性を検証する。実用化できれば大幅な生産増につながる可能性があり、海外との価格交渉力も高まると期待される。

 南関東ガス田は、千葉県を中心とした関東地区南部に広く分布する国内最大級のガス田。可採埋蔵量は約3700億立方メートルと試算され、国内のガス消費量の3年分以上に相当する。

 ただ、ガスが溶け込んだ地下水をくみ上げる際に地盤沈下が起きる恐れがある。このため、現状は地元自治体が開発企業との間で協定を結び、採取量を一定以下に制限している。

 経産省はガスを分離した水を地下数百メートルの比較的浅い地層に戻し、地盤沈下を食い止める技術や、仮に地盤沈下が起きても陸地に影響が出ないよう、比較的浅い海域で生産する手法について実証試験を行う考え。時期や場所は今後詰めるが、数年内の実施を目指す方針だ。

「ライフ」のランキング