産経ニュース

【産経Health】乳酸菌で口腔内の環境整える

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【産経Health】
乳酸菌で口腔内の環境整える

廣藤卓雄氏

 高齢化を背景に、移動が困難になり、虫歯や歯周病になっても治療が難しい人が増えている。噛(か)めないことによる栄養不足はもちろん、口腔(こうくう)内のトラブルが、肺炎やその他の感染症に発展する懸念もあるという。

 そうしたなか、生きた乳酸菌の働きで口腔内の細菌バランスを改善する、プロバイオティクスの手法が注目されている。ヨーグルトなどを取ることで、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を抑えられることはよく知られている。同様に口腔内も、乳酸菌の働きで良好な環境に整えようとするものだ。

 福岡歯科大学の廣藤卓雄教授によると、「口腔内には約700種類の菌がおり抗生剤などの従来の手法では、そのうちの特定の菌だけに対処することは困難でした」。そこでプロバイオティクスに着目し、研究を進めたところ、虫歯や歯周病、口臭予防などへの効果が分かってきたという。

 「生きた乳酸菌を口腔内に入れると、虫歯菌の増殖を抑え、その集合体であるプラーク(歯垢)の形成が抑制されます」。なかでも生きた乳酸菌「WB2000株」を歯磨き粉に配合して実際に使った実験では、プラークがつきにくくなり、唾液が出て適度な湿り気を保つという結果が出た。また別の乳酸菌「WB21株」をタブレットに配合した研究では、歯周病菌の増殖や口臭を抑制するなどのデータも得られた。こうした歯磨き粉やタブレットは、市販品への活用も始まっている。

 “お口の健康”をいつまでも保つため、廣藤教授は「口腔内の細菌を殺菌剤などで急激にたたくとリバウンドがあるので、まずは毎日の歯磨きで清潔を保ち、加えて乳酸菌のプロバイオティクス効果を利用して、じっくりと口腔内の環境を整えてほしい」と語る。

                   ◇

【プロフィル】廣藤卓雄教授(福岡歯科大学 総合歯科学講座 総合歯科学分野 歯学博士)

 昭和56年九州大学歯学部を卒業後、同大歯学部附属病院講師などを経て、平成14年から現職。診療領域として総合歯科、口臭クリニックを担当。

                   ◇

 医療・健康情報の総合サイト「産経health」http://www.sankei-health.com

このニュースの写真

  • 乳酸菌で口腔内の環境整える

「ライフ」のランキング