産経ニュース

日本で発生したら…韓国で感染拡大「MERS」 症状出たら保健所へ連絡を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本で発生したら…韓国で感染拡大「MERS」 症状出たら保健所へ連絡を

MERSとSARSの違い

 韓国で感染拡大が問題となっている中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))コロナウイルス。厚生労働省によると、地理的に近い日本と韓国の往来者は1日1万4千人に上り、日本国内での発生リスクを心配する人は多い。対策を進める厚労省は「韓国などで感染の恐れがある人に接し、発熱などの症状が出た場合は、保健所や検疫所へ連絡を」と呼びかけている。(平沢裕子)

 ◆ラクダが感染源?

 MERSは2012年に初めて確認されたウイルス性の呼吸器疾患。原因となるMERSコロナウイルスは、一般的には鼻風邪を起こすウイルスとして知られるコロナウイルスの新種だ。02年から03年にかけ世界的に感染が拡大した重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))も新種のコロナウイルスが原因だったが、MERSコロナウイルスとは遺伝子構造が少し異なっており、SARSとMERSは異なる病気だ。

 MERSの主な症状は、発熱、せき、息切れなどの呼吸器症状で、下痢などの消化器症状を伴う場合もある。厚労省によると、今月9日までに世界保健機関(WHO)に報告された感染者は1218人、うち死亡は449人で、致死率は37%。SARSの約10%に比べて致死率は高いが、感染力は弱いとされる。ワクチンや治療薬はない。高齢者や糖尿病、免疫不全などの基礎疾患のある人は重症化しやすいという。

「ライフ」のランキング