産経ニュース

産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式

ライフ ライフ

記事詳細

更新


産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式

秋篠宮妃紀子さまをお迎えした贈賞式で挨拶する岩瀬成子氏=3日、東京都港区の明治記念館(荻窪佳撮影)

 第62回産経児童出版文化賞(産経新聞社主催、フジテレビジョン、ニッポン放送後援、JR7社協賛)の贈賞式が3日、秋篠宮妃紀子さまをお迎えし、東京・元赤坂の明治記念館で行われた。

 大賞の「きみは知らないほうがいい」(文研出版)は、小学生たちの微妙な人間関係を丁寧に描いた小説。著者の岩瀬成子(じょうこ)さん(64)は受賞者を代表してあいさつに立ち、「文学とは、定型化された言葉とは反対の方法で本当らしさに近づくもの。そのささやかな試みを評価していただいて、ありがたく思います」と喜びを語った。

 約200人が出席した贈賞式では、産経新聞社の熊坂隆光社長が「大量の情報が供給される時代だからこそ、読書で子供たちの知識や感受性、判断力を養わせることがあらためて重要になっている」とあいさつ。続いて、紀子さまがお言葉を述べられ、受賞者に各賞が贈呈された。

 産経児童出版文化賞は、次世代を担う子供たちに優れた本を紹介する目的で、昭和29年に創設。今年は、昨年1年間に出版された児童向け図書など4478点の中から、大賞など8作品が選ばれた。

このニュースの写真

  • 産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式
  • 産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式
  • 産経児童出版文化賞、明治記念館で贈賞式

「ライフ」のランキング