産経ニュース

ミステリーサークルの「巣作り」 奄美のフグ、新種トップ10入り 日本初

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ミステリーサークルの「巣作り」 奄美のフグ、新種トップ10入り 日本初

ミステリーサークルと呼ばれるアマミホシゾラフグが作った産卵巣(水中写真家の大方洋二さん提供)

 奄美大島(鹿児島県奄美市)沖の海底で「ミステリーサークル」を描く「アマミホシゾラフグ」が、米ニューヨーク州立大・国際生物種探査研究所が実施した2015(平成27)年の「世界の新種トップ10」に選ばれた。国立科学博物館(東京都台東区)が21日、発表した。

 アマミホシゾラフグは全長10~15センチ。オスが海底25メートルの砂地に1週間かけて直径約2メートルの幾何学模様のミステリーサークルのような産卵巣を作る。新種は毎年約1万8000種見つかるが、日本での新種がトップ10入りしたのは初めて。

 このフグを新種として発表した国立科学博物館の松浦啓一名誉研究員は「海には不思議な生き物がいると、一般の人にも分かってもらえるチャンスだ。注目してもらうことで研究が進めば」と期待している。

このニュースの写真

  • ミステリーサークルの「巣作り」 奄美のフグ、新種トップ10入り 日本初
  • ミステリーサークルの「巣作り」 奄美のフグ、新種トップ10入り 日本初

「ライフ」のランキング