産経ニュース

【中高生のための国民の憲法講座】第91講 祖国を守る者は誰なのか、13条の意味 高乗正臣先生

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【中高生のための国民の憲法講座】
第91講 祖国を守る者は誰なのか、13条の意味 高乗正臣先生

祖国を守る義務について考えてみましょう

 国家(政府)の最大の責任は国民の生命と自由と財産を守ることにあります。それは国内の凶悪な犯罪や暴力事件から国民を守るだけでは足りません。いうまでもなく国外からの侵略や拉致・人質事件を未然に防ぎ、万一それらが起きたときは全力を挙げて国民の生命・自由・財産を守ることが国家の使命なのです。

 ◆憲法13条の意味

 憲法13条は、「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」と定めています。この規定は個人の人権保障の規定であると同時に、国政を担う政府の責務を定めたものでもあります。

 国内で暴力団などが地域住民の生命を脅かす事件を起こしたような場合、政府は責任を持って警察官を派遣して、被害を受ける危険のある住民・国民を守る義務があります。国の警察権の根拠はここにあるのです。

 国外からの侵略についてはどうでしょうか。ある地域に外国軍隊が侵入し、そこに住んでいる国民の生命や財産が危険になったような場合、国家は実力をもってその違法な侵略行為から国民の生命を守る義務があります。国の自衛権の根拠はここにあります。

「ライフ」のランキング