産経ニュース

電子版「お薬手帳」共通化へ 厚労省、利便性向上に向け標準仕様の構築検討

ライフ ライフ

記事詳細

更新


電子版「お薬手帳」共通化へ 厚労省、利便性向上に向け標準仕様の構築検討

 厚生労働省はスマートフォン(スマホ)に薬局で受け取った薬の名称や飲み方などを記録する電子版「お薬手帳」の仕様を共通化させる方針を固めた。お薬手帳の電子化は複数の調剤薬局チェーンなどが独自に取り組んでおり、それぞれ仕様が異なっているため、全国各地のどこの薬局でも対応できるよう標準仕様を検討する。利便性向上とお薬手帳の電子化を普及させるのが狙い。

 電子版お薬手帳は近年、地方の薬剤師会や調剤薬局チェーンが独自に専用アプリを開発し、サービスを展開している。アプリをダウンロードした利用者は、薬局で発行される明細書などにあるQRコードを読み取ることで、薬の種類や効能など薬の情報を自動的に記録できる。薬の飲み忘れを防ぐため、アラーム機能をつけている手帳もある。

 従来のノート式のお薬手帳は薬局に持参するのを忘れたり、紛失したりする利用者が多く、普段から持ち歩くスマホの普及に伴い、お薬手帳も電子化が進んでいる。

 ただ、調剤薬局チェーンなどが個別にサービスを展開していることから、別の系列薬局や地域が違う薬局では対応できず、「服用薬歴」をまとめて管理できないとの課題が指摘されている。

「ライフ」のランキング